ドクター

妊娠初期を軽快に乗り切るコツ│医師のアドバイスを取り入れる

国の助成金を活用して治療

カウンセリング

大阪で不妊治療を行なう場合は、助成金を利用すると治療にかかる費用をおさえることができます。また、治療にはある程度費用がかかってしまうことを理解して、パートナーと計画を立てておきましょう。

More...

身体機能を見直してみる

看護師

結婚して生活していく内に子供を希望する方も多いのですが、そのためには妊活を行なって妊娠しやすい体づくりを行なっておくことが大事です。まずは取り入れやすいことからチャレンジしましょう。

More...

受精の確率を高める

カウンセリング

不妊傾向がある方が妊娠を望んだ時は、いくつかの選択肢を試みることになります。大阪では体外受精を行なう方も増えてきました。健康な卵子と精子を判別して受精するので、妊娠の確率は高いと言えます。

More...

ストレスフリーの生活

2人の妊婦

働き盛りの女性が妊娠すると、出産ギリギリまで仕事をしようとしますが、体の負担を考えると無理は禁物です。特に妊娠初期は胎児の育成が安定しないので、少しのストレスで流産のリスクを高めてしまいます。安易な自己判断は避けて、医師による診察やアドバイスはしっかりと守りましょう。

妊娠初期はできるだけ、リラックスして過ごせるような環境に身を置きましょう。この時期はつわりを起こす方も非常に多いので、食欲や体力が落ちやすくなります。食事から栄養がとれないと、胎児の育成にも影響が出てくるのでサプリメントや健康食品など、栄養バランスを意識した食事に切り替えていきましょう。無理をして好きでもない食事をしてもストレスが溜まるだけなので、ある程度ならお菓子やジャンクフードも食べて良いでしょう。しかし、塩分や糖分の摂取が増えてしまうと、むくみや体重増加の原因となってしまうので、医師や看護師のアドバイスを元に、食事の構成を考えましょう。不安がある場合は必ず相談して、一人で悩みを抱え込まないようにしましょう。

妊娠初期は体型に変化が出てくるので、締め付けの無いゆったりとした衣類を着用すると快適に過ごすことができます。この時期は標準体型から少しふくよかになるぐらいなので、通常の衣類でもサイズの大きい物を選べばオシャレに着こなすこともできます。産後のことを考えるなら、マタニティドレスやワンピースを着用するのもオススメです。